公認会計士を目指す

公認会計士を将来の職業に見据えられるタイミングは人それぞれ異なって当然です。高校在学時代からこの目標1本に絞り、専門学校に入学から在学中の合格を目指される若い世代の方々、働きながら公認会計士への転職を志し、仕事と試験対策勉強の両立に努力されている方々など、各々の立場は十人十色です。

こうした未来の公認会計士をサポートする教育産業として、専門学校や通信教育プログラムなどの選択肢は古くから多数存在していますが、やはりより高い資格取得率を誇るのは専門学校で所定のカリキュラムを修得された方々である事実が見過ごせません。ですが全ての方々が設定された課程を受講可能な環境を生きておられるとは限りません。自身にマッチした通信教育システムを軸に、自宅での独学から晴れて資格取得を為し得られた方々もまた、今日公認会計士として全国各地で活躍されている現実も見過ごせません。

ここで求められるのが、自らが合格するまでのシミュレーションを十分に繰り返し実践から、明確なビジョンを見据える準備作業です。生活スタイルを工夫する事で専門学校への通学が可能な環境を整えられるのか、自身にマッチした通信教育プログラムはどれなのか、既に社会人であれば勉強と仕事の両立が心身に無理なく可能なのか否かなど、慎重を期した検証作業が欠かせません。